コラム

社長対談

1

【対談企画 VOL.1】高い専門性や技術を有するキャリア市場の未来像 – 三谷 宏幸 様 [東京大学工学系研究科 非常勤講師]

column_mitani1

「高い専門性や技術を有する方々に期待される会社、日本の産業を支える存在でありたい」

– [和田] 三谷さん、この度はお時間をいただきまして、ありがとうございます。今日は、私たちコネクトという新会社が、社会のどんな要望に応えていけるかについて、率直なご意見を伺えればと思っています。よろしくお願いいたします。

 

– [三谷] 新会社の設立、おめでとうございます。本日はこちらこそ、よろしくお願いいたします。

まず個人的な想いですが、コネクトにはこれまでにない切り口で人財の流動化に貢献してほしいという期待を持っています。コネクトがコアターゲットとしている「本当の意味でのプロフェッショナル」、言い換えれば「日本の匠」ともいうべき人財がもっと自由に、幅広い選択肢の中から活躍の場を選ぶことが可能になることで、日本の製造業の現場も大きく変わると思っています。

 

– [和田] 三谷さんからご覧になって、高度な専門性や技術を有する人々に対する現在の市場はどの様に思われますか?

 

– [三谷] 正直言って、十分に活躍の場が提供されているとは思えませんね。その一因としては、現状の日本の人材サービスにも問題があると思っています。例えば、人材会社のビジネスモデルとして仕方のないことですが、年収の高いゾーンのプロを紹介するか、あるいは一般的な年収の人材を数多く紹介するかのどちらかのソリューションになってしまう。また、転職市場に出ているアクティブ層には、圧倒的に文系職種の人材が多く、高度な専門性や技術を有する理系職種の人材が少ないため、求人する企業側も積極的な採用ができずにいる。

 

column_mitani2 

– [和田] 確かに、中途採用市場の有効求人倍率が、文系職種と機電系(理系職種)では全く異なるんですよね。

 

– [三谷] それはやはり「転職潜在層」である技術者がどんな技術を持っていて、その技術をどんな企業の、どのポジションでなら活かせるかについて専門的にコンサルティングできる人材会社が存在しないからだと思う。そこを、コネクトには是非とも担ってほしいと思っています。 

 

「就職が就社で終わらない、日本へ」

– [和田] 三谷さんのご指摘の通り、日本のエンジニアたちが、もっとアクティブにキャリアを選択する時代がやってくれば、日本の製造業のあり方も変わってくると思っています。私たちコネクトが定義する「日本の匠」とは、「高い専門性や技術を有する職種でありマネジメント経験もあるプロ」といった人財になります。匠というと、例えば職人的なイメージだけを連想するかもしれませんが、もう少し幅広く、マネジメント層のプレイヤーも含めて捉えています。

  

– [三谷] なるほどね。現場も熟知していて、企業経営にも貢献できる人財ということですね。

 

– [和田] はい。そうなのです。

 

– [三谷] 私は長きにわたって、外資系企業も含めて様々なメーカーの職場を経験してきました。そうしたなかで自社にしても、取引先企業にしても、日本のメーカーは驚くほど似たような課題を持っていると思いました。例えば、新興国に進出する際に、人材が必要になったとします。その際に技術者は日本国内や現地を含めて調達できても、それをマネジメントできる人材がいない。また、現地の組織を法人化するにしても、ファイナンス、リーガルなどといった本社機能を担うプロフェッショナルがいない。実際にどこの企業でも、いまはCFOが圧倒的に足りない(笑)。大手メーカーもベンチャー企業も、こういった人材が採用できることでビジネスが全く変わった展開を見せると思います。 

 

– [和田] そこで言うと、そういった事実を「転職潜在層」にもっと伝えていかなければいけないと考えています。例えば、誰もが知っている有名企業に入社して、20数年勤めあげてきた技術者。企業に忠誠を誓い、転職などは全く考えずに働いてきたけれど、50歳になったとき不意に「役職定年です」と告げられる。本人の技術や経験はもっと活かせる場がはるはずなのに、本人はどこにその活路があるのか見いだせない。こういったケースは本当に多いのではないかと思うのです。

 

– [三谷] 日本の良い部分でもあり、悪い部分にもなりえる「就社」という価値観だよね。これは専門性や技術を有する人々の今後のキャリアを考えるうえで、変えていったほうが良いことだと私も思う。世界的に見ても、日本の大企業や製造業の持つ「技術力」はまだまだ高いレベルにあると思う。それを持っている人財が、ほかの企業で活躍することが当たり前になってほしいせっかくのプロフェッショナルが「就社」で終わらない。そんな日本であってほしいと思います。 

column_mitani3

– [和田] まさにそうですね。私たちコネクトが、高い専門性や技術を有するキャリア市場の価値観を変えていける存在になるために、努力していきたいと思います。三谷さん、本日は貴重なお話をいただき、誠にありがとうございました。


*三谷 宏幸 (みたに ひろゆき)氏 プロフィール*

生年月日1953年4月4日 
学  歴1977年東京大学機械工学科卒業(工学士)
 1983年米国カリフォルニア大学バークレー校機械工学科(工学修士)
 1984年スタンフォード大学経営工学科(経営工学修士)
職  歴1977年川崎製鉄株式会社
 1988年株式会社ボストンコンサルティンググループ
 2002年GE横河メディカルシステム株式会社 代表取締役社長
 2005年ゼネラルエレクトリック本社 カンパニーオフィサー
 2007年5月ノバルティス ファーマ株式会社 代表取締役社長
 2008年3月ノバルティスホールディングジャパン株式会社 代表取締役社長兼務
 2013年9月オフィス三谷 代表
 2014年4月東京大学工学系研究科 非常勤講師
社外取締役2009年6月株式会社ベネッセホールディングス 取締役
著  書 『世界で通用するリーダーシップ』(東洋経済新報社 2012年)