コラム

社長対談

2

【対談企画 VOL.2】組織を活性化する「キャリア採用」とは – 和田千弘 様 [株式会社インターブランドジャパン 代表取締役社長 CEO]

4U5A8868

「人財という側面から企業ブランドの形成に貢献したい」(コネクト和田)

[コネクト和田]

あらためましてお忙しい中、本日はありがとうございます。株式会社インターブランドジャパン和田さんには、私たちコネクト単体だけではなく、プランテックグループ全般にわたって、本当に幅広くお世話になっていますよね。こうして対談にもご協力をいただけたことに感謝しています。

 

[インターブランド和田]

いえいえ、こちらこそ、ありがとうございます。

 

[コネクト和田]

和田さんは、いまは株式会社インターブランドジャパンの代表をなさっているわけですが、やはりお客様である企業の「商品・サービス」といった切り口から、企業のブランドを形成していくお仕事が多いのかなと勝手に想像しているのですけれども(笑)。人材ビジネスに従事する私たちコネクトとしましては、今後、「人財」の側面から企業ブランドを形成していくお手伝いができればと考えているのです。

 

[インターブランド和田]

それは、まさに良い着眼点ですね。実は、私たちインターブランドの業務自体でいうと、製品・サービスのブランディングを単体でやるというケースは極めて少ないのです。それよりは企業そのもののブランド構築から始める。やはり、まずは「会社のブランドとは何か」を考えて、その上で製品・サービスについて考えるというケースがほとんどですね。そうすると当然、企業ブランドを構築する中で「人」が重要なファクターになってくる。また、企業のブランドを伝える一番のメディアであり、チャネルは「人」なのです。ブランディングにおいて最も大事なことは、社員の皆さんがどう自分の会社のブランドについて語るのかを正確に設計をして、みんなで共有するということ。例えばある製品を購入していただくために広告を打ったとします。しかし結局、最後は店頭で製品を実際に見て、触って、どういう説明をされるかで消費者は購入を決定する。そういうものではないでしょうか。

 

[コネクト和田]

なるほど、そうなのですね。おそらく業界・業種・職種を問わずに、様々なクライアントに対してブランド構築のコンサルティングを展開されていると思うのですが、その中でモノづくり業界と言いますか、メーカーのお客様は多いのでしょうか。

 

[インターブランド和田]

はい、メーカーは多いですね。逆に、サービス業は少ないですね。例えば外食業界などはあまり多くなくて、ほとんど製品を扱うメーカーと言ってもいいかもしれない。しかも、近年お取り引きいただいている企業様のうち約半数は「B to B」のメーカーです。ブランディングに関心が高い企業というと「B to C」というイメージがあるかもしれませんが、実は「B to B」のメーカーのほうが自社のブランド構築に意識が高い企業が多いのです。これは日本の企業の特徴なのかもしれません。

 

[コネクト和田]

意外ですね、「B to B」のメーカーが多いのですか。

 

[インターブランド和田]

企業のブランド価値を数値化してランキングで表記する「ブランドランキング」を見ても、やはり上位の企業は「B to B」の企業が目立ちますね。非常にグローバルに競争する機会が多くて、収益性も高くて、非常に優秀な人がいる。結果として企業ブランドも強くなっている。

 

4U5A8869

[コネクト和田]

興味深い事実ですね。

 

[インターブランド和田]

意識も非常に高いと思いますよ、そういった企業は。モノづくり、人づくり、会社づくりをしっかりしている。「経営の品質」という意味でも、そういった企業は世界から評価されているのです。

 

「個人と組織のビジョンと価値観が合致すること。それがキャリア採用のあるべき姿」(コネクト和田)

[コネクト和田]

和田さんご自身も、最初、銀行からスタートされて、その後、様々なフィールドでキャリアを積まれてきたと思います。いわゆる中途採用、キャリア採用という形で、外から人が入ってきたことによって「何か明確に企業が変わった」というようなことはありましたでしょうか。

 

[インターブランド和田]

はい。これは今の仕事もそうですし、過去のコンサルティング会社においてもそうでしたが、まずは人を迎え入れる会社の側に「将来、これを成し遂げたい」という明確なビジョンがあるかどうかが重要だと思っています。単に「こんな製品をつくりたい」というだけではなく、「会社の事業全体の構造をこう変えていきたい」といった想いがあること。一方で、個人の側も自分がこれまで経験・蓄積してきたものを、「どう活かしていきたい」というビジョンが必要です。それは「似たような分野の仕事で経験を活かしたい」といった短絡的かつ短期的なものではありません。例えば「20年後に自分のやってきた仕事がどういった形になるのか」という、個人のビジョン、パーソナルビジョンがあることが重要です。そこが個人と組織、お互いに一致しているケースが幸せなキャリア採用になると思うのです。大体これ両方ともないことが多いのですが(笑)。

 

[コネクト和田]

「ビジョンを持つ」、そして「掲げたビジョンをずっと遂行し続ける」ということはこれまで、一部のマネジメント層にしか求められていなかったように思います。それが今後は、それこそ技術者一人ひとりにも求められるということですね。

 

4U5A8876 

[インターブランド和田]

そうですね。例えば「イノベーション」が起きるプロセスに、キャリアを当てはめて考えてみましょう。個人の持っている知識や経験、技術を、既存のフィールドではなく、新しいフィールドで捉えなおしてみる。そうすることで化学反応が起き、予想できなかった新しい付加価値が生まれることがある。これからの時代は、自身の価値を既存の枠組みに閉じ込めたりせずに、環境を自ら選んでいくことが大事だと思います。「会社」ではなく、「プロジェクト」にコミットし、より自身の価値が発揮できる舞台を選んでいく。新卒で入社した会社に、40年近くも勤めあげることが逆にリスクになる時代だと言えます。

 

[コネクト和田]

いまの場所に居続けるより、ビジョンと価値観を共有しあえるプロジェクトにコミットしたほうが、個人にとってもキャリアが拓けるということですね。

 

[インターブランド和田]

そうそう、まさに「価値観」は非常に大事です。「価値観が大事だ」ということは誰もが認識しているものの実際は本当に価値観のマッチングを徹底しているのかというと、実はそうではないケースの方が圧倒的に多いと思いますね。

 

[コネクト和田]

そうですね、本当に仰る通りですね。最後に、コネクトに対するメッセージを、できれば期待も含めてお願いします(笑)。

 

[インターブランド和田]

コネクトには、「テクノロジー・マネジメント・コンサルタント」といったイメージの人材サービスを実践してほしいですね。企業の資産は何かといえば、それは技術であり、人財だと思うのです。さらに例えば技術者をどうマネジメントしていくのかが、経営の重要なテーマになってくると思います。その点、技術者の気持ちや、組織の状況を熟知したうえで、さらに技術者と組織のビジョンや価値観もふくめてマッチングさせていくビジネスをコネクトには展開してほしいですね。

 

[コネクト和田]

はい、ありがとうございます。個人も組織も活きる人材サービスを提供していくことが、日本の産業全体の価値を向上させることにつながる。そんなヒントをいただけた気がします。和田さん、本日は貴重なお話をいただき、誠にありがとうございました。

 

[インターブランド和田]

そうですね、期待しています。ぜひ、よろしくお願いします。

 


*和田 千弘 (わだ ゆきひろ)氏 プロフィール*

経歴:第一勧業銀行、大蔵省、マッキンゼー、アルペン、アドバンテッジパートナーズ、カートサーモン(日本代表)などを経て、インターブランドに入社。

幅広い産業分野の戦略策定・実行推進、組織改革の経験を持つ。

インターブランドのグローバル経営会議メンバーであり、小売プラクティスと金融プラクティスのアジアパシフィック地区リーダー。

東京大学法学部卒。マサチューセッツ工科大学(MIT)経営学修士。